水浴びインコ

毎週土曜日日曜日のどちらかに、鳥かごの掃除と水槽の水換えをします。
今日はその鳥かご掃除の日でした。

06_2017040918342402e.jpg
掃除直後の水入れで水浴びを初めたしぐれさんです。
…うん、君が浴びたいならどんどん浴びちゃってかまわないよ。水はまた変えればいいし。君がやりたいことできるのが一番だよ。

最近あったかくなってきた影響でしょうかね。先月は水槽に飛び込んでましたし…水槽よりはまだいい選択だと思います。

07_20170409183425148.jpg
どっぷり浸かっちゃってます。

しばらくチャプチャプしていましたので、別の広い容器に水を入れて持ってきてみたのですが…水入れがいいようで見向きもしませんでした(;・∀・)
飼い主の親切心とは…

08_20170409183427775.jpg
満足したそうです。
こうして見てみると、お腹だけしか水に入っていなかったみたいですが、しぐれさんはそれでいいのでしょうか。
やっぱりもう少し広いお皿とかで水浴びしようよ…

09_20170409183428588.jpg
くちばしショリショリ
もう少しあたたかい、日が出てる時にでも霧吹きリベンジしてみようかと思います。
今度は喜んでくれるかな~

おまけ
10_20170409183430d6c.jpg
イン粉。
カキカキしたりしぐれさんが羽繕いした後には、必ず粉というかフケというか、落ちてます。
パソコンにはあまり良くなさそうですが、飼い主がパソコンいじってると寄ってきて「かまえ」するのでどうにも…
こまめにエアブローで掃除したいと思います(*´∀`)

エンゼルのアルトゥール

魚ブログとして初めたものの、最近インコの話ばっかりだなーそろそろ水槽の話もしたいなーと思っていたところ、まさかそれが訃報になるとは。
先日、エンゼルトリオの一匹かたっぽ腹ビレのアルトゥールが亡くなりました。
特に具合が悪いというわけでもなく、毎日エサくれもするしごはんもバクバク食べるし…正直、訃報になるならば転覆ぎみにひっくり返ったりすることが度々あったアレクセイの方だと思っていました。
アルトゥールはアレクセイ共々友人宅で繁殖したのをもらった子で、初めこそ身体が小さくてイリヤやアレクセイにいびられて別居したりと手がかかりましたが、一年が過ぎるころからはむしろアレクセイをいじめ返したりと元気過ぎる子でした。
2015年の3月から、まるまる二年ほどの付き合いでした。

姉妹魚のアレクセイは

バイタル浴が効いたようで、今はひっくり返ったりすることもなく、このようにブレブレで元気にやってます。

02_20170409183346194.jpg
イリヤの写真にもかぶってきます。

イリヤは長くアルトゥールとペアを組んでいたのですが、アレクセイとは今のところ付かず離れず…といった様子です。
03_201704091833476b5.jpg
むしろ時々アレクセイが邪険にしている様子もあります。
とはいっても、ヒレがボロボロになるほどの喧嘩にはなっていないので、このまま仲良くやってほしいものです。

04_20170409183350a81.jpg
イリヤは2014年の10月にうちに来たので、アレクセイよりも五ヶ月ほど先輩です。
あいかわらずのギラギラで、特に目立った体調不良も無く元気にやってます。

このまま何事もなく、二匹で寿命までのんびりとしていてほしいです。

05_201704091833501cd.jpg
/チラッ\

東京野鳥探訪

3月の12日、13日と東京に行ってまいりました。映画を見よう&鳥専門店を覗きに行こう!ということで、例によって友人とぶらり二人旅です。
12日、約束の時間よりも少々早めに東京に降り立ったので、13日に行く予定の鳥専門店の場所を確認しつつ、一度やってみたかった「東京に帰化したインコを探してみよう」というひとりチャレンジを行いましたw
場所は東京緑地の上野公園です。
美術館前?の駅出口からぶらぶらと公園を歩いていると、あっちこっちで鳩を見かけました。
鳩、よくよく見てみるとそれぞれ個性的な柄をしています(*´∀`)
都会の鳩はみんな灰色だ、と何かで聞き及んだことがありますが、同じグレーでも白混じりだったり黒い模様があったりと遺伝の不思議を感じます。

またぶらぶらと歩いていると、

カラスが居ました。ベンチに置いてある、誰かの荷物が気になっているようです。
カラスは個人的には飼えるのなら飼ってみたい鳥の1種であります。くちばしから爪の先まで真っ黒なところが大好きです。全身真っ黒な鳥、なかなか居ないですよね…
02_20170317060612fce.jpg
人間に慣れているのか、近付いても逃げずに平然としていました。
うーん、ナデナデしたい…

さらにぶらぶらと歩みを進め、不忍池にたどり着きました。
日曜日とあって沿道?にはワッフルや焼き鳥などの出店が並んでいました。
鶏皮の焼いたやつに心惹かれていると
03_201703170606130d8.jpg
なんという鳥でしょうか。海鳥らしき子が居ました。
この子だけではなく、池のあっちこっちに同種の鳥が群れていまして、「海って近かったっけか」と私は一人で上野の立地について思いを馳せていたりしました。

04_201703170606152fe.jpg
群れるスズメ。
05_20170317060616259.jpg
たくさんいる謎の海鳥。
出店の食べ物の食べ残しなんかを狙っているのでしょうか。
人を怖がる様子は無く、むしろ食べ物を持っている人を狙っているような飛び方をしていましたw

06_20170317060631d7e.jpg
私の住まう東北ではまだまだ桜の咲く気配はありませんが、日当たりのいい場所では見頃と言ってもいいくらい桜が咲いていました。
歩く人がみんなニコニコしながら見上げていました(*´ω`*)
07_20170317060633bb2.jpg
ムクドリでしょうか。そこここで鳥が桜の蜜を吸ってます。

東京は風は冷たくても、日の当たる場所はお散歩に丁度いいくらいの気持ちのいい気温でした。
出歩く人の数も多く、日曜日とあって家族連れの姿がたくさんありました。観光らしき人もちらほら。
そんな上野公園でしたが、お目当ての野生化したインコは見つけられませんでした(´・ω・`)

08_20170317060634a6f.jpg
唐突な地獄の門。
上野公園は行ってみたい美術館や博物館、動物園と観光スポットがたくさんありますので、野性インコ探しリベンジがてら、また行きたいです。

飛び込みインコ

3月になりまして、だんだんと日が落ちる時間が遅くなり、それに伴い朝明るくなってくるのも早くなってきましたね。
外に出た時に「うわっ」となる日も少なくなってきて、春が近いな~とワクワクしています。

そんな陽気に浮かれたんでしょうか。
しぐれさんを放鳥しつつ、エンゼルトリオに餌を上げていたところ、どういうわけか突然しぐれさんが水槽に飛び込みましたw
唖然とする私を前に、一瞬だけぷかぷか浮いてから「なんか違う」とでも言いたげに逃走。
これは…と思ってタッパに水を汲んで持ってきたところ、そっちにもドボン。
どうやら水浴びをしたかったようですw

とは言っても羽を広げて飛び込んで、ばしゃばしゃすることなく一瞬で上がってました。お腹だけ濡れてます。
水嫌いで水浴びはもう一生しないものかと思っていたのですが、そんなこともなかったようです。
しかし水槽の水を浴びるのはどうかと思う飼い主です。
インコ臭と水槽臭のブレンドはちょっと…(;・∀・)

この後ぷるぷるしながらもお外で遊び続けようとしたため、ヒーター高めに設定したカゴに強制送還しておきました。

02_201703111552237ea.jpg
病院に掛かったりもしましたが、それから特にゲロゲロしたりすることもなくしぐれさんは元気です。
気がかりと言えば、頭の毛が薄くなってきたくらいでしょうかw
「おハゲちゃん」と呼び掛けていたら母に「酷いあだ名だw」と笑われました。
おハゲちゃんの次はトゲトゲちゃん呼びになりますよ(*´∀`)

03_2017031115522447c.jpg
ごはんが待ちきれないのはわかるけど、盗み食いはやめてほしい飼い主でした。

初病院

2月20日、いつものようにしぐれさんに「おはよう」をすると、顔まわりが汚れていました。カゴを覆っていたビニールカバーには吐き出したのであろう餌が点々と付いています。
しぐれさん、男の子だけあってよくおもちゃや表面がツルツルしたものに吐き戻しをしています。しかし吐き戻しは塊でデロっと出す吐き方。このような撒き散らして顔の周りが汚れている吐き方は、求愛ではない嘔吐です。
今までも時々吐き戻しではない嘔吐はあったのですが、いつも一度だけでその後はケロっとしているのが常でした。
この日も「前の日長々と遊ばせすぎて疲れたのかなー」と思いつつ、いつも通りお世話して出勤。
帰宅した時の様子はいつもと変わりありませんでした。

2月21日、この日もビニールカバーに吐き出したのであろう餌が飛び散っていました。
どうしようかな、いつもとちょっと様子が違うかもしれない…土曜日まで様子見て、病院連れて行こうか…と思いつつ餌をあげたところ。
食べることは食べるのですが、一生懸命食べたそばから嘔吐。

あ、これはだめだ。様子見したら手遅れになるやつだ。


というわけで、ちょうど良く(?)前日から体調不良で会社ではくしゃみ連発鼻水ダラッダラで「なんか喉痛い…」と漏らしていた私は「熱が出ちゃって…病院行ってきます」と言っておやすみを頂き、インコの病院に行ってきました。
嘘はついていません。熱が出たのも本当です。ただどこの病院に行くかを言っていなかっただけです。

飼い主はマスクにマフラーコートと不審者ルックの完全防備、しぐれさんはキャリーに入ってくれないのでカゴごと車にのせて、いざ出発。
田舎だけあって行ける範囲に鳥専門医がありませんので、ネットで調べてインコも見てくれるお医者さんを探して行ってきました。

病院では「手乗りじゃないと診察できない場合があります」と言われ、手乗り崩れで知らない人の手に乗ったことがないしぐれさんが心配だったのですが…
いざ診察となった際、「乗るかな?」とお医者さんが差し出した手に「えっなにこれ怖い」としぐれさんが硬直。
その僅かな間にお医者さんは「あっダメだね」と判断。ガッシと掴んで強制診察となりました。
お医者さん、判断早い&躊躇ない…!
その判断力の早さと躊躇ない掴みっぷりは見習いたいです。
ハラハラしながら見守っていると、ペンライトで羽毛をかき分けて何やら照らしてる…?
そんな診察の結果、そのうが腫れている様子は無いので胃が少し荒れていたのではないか、とのことでした。
胃の粘膜を保護するお薬と、栄養剤で一週間様子見てくださいねーとお薬を貰って終了。

あっさり終わって拍子抜けしつつも、酷い病気ではないみたいでほっと一安心ですε-(´∀`*)
突然知らない人に掴まれ、車で連れ回されて逆にストレスになったのでは…と思ったしぐれさんも、帰宅後はケロッとした様子でおしゃべりしていました。

02_201702240600070b9.jpg
もらったお薬は、飲み水に溶かすタイプと直接飲ませるタイプの二つでした。
こちらは飲み水に溶かすタイプなんですが…
個人的に、お医者さんでもらうこういう粉薬、お医者さんのところにある時点でこういうふうな個包装になっていると思っていたのですが。
03_20170224060008570.jpg
明らかにお薬挟まってますよね…?
薬の卸業者(?)で小分けした場合、こういうふうになっちゃったのは出荷しなさそうだから…お医者さん自身で小分けにして渡してくれてるってことなんですかね?
なんとなく一つ新たな事実を知れて得した気分です(*´∀`)

そんでもって頂いた領収書。
04_2017022406000982d.jpg
初診料とか人と一緒だなーとなんとなく眺めていたら、
05_2017022406001114c.jpg
ネクトンだ!
インコを飼おうと決めてから色々な人のブログやらなんやらを見て回る中で、「これいいよ!」と色んな所でオススメされている栄養剤、ネクトンだ!
お医者さんで処方される、ということはほんとに信頼されてる栄養剤なんだなー…
個人的に、熱帯魚界におけるバイタルみたいな感じなんだなー、と感慨にふけってました。

もらったお薬をてんやわんやになったりしつつ飲ませたところ、それから嘔吐は無く、しぐれさんは元気です。
06_20170224060027205.jpg
こうしていつも通りカキカキおねだりしにきたりもしています。
一度見てもらえる場所がわかったので、これからも具合が悪くなった時に躊躇せず連れていけそうです(`・ω・´)
07_2017022406002837d.jpg
元気で長生きしてね。

08_201702240600297b9.jpg
悶絶!