スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セネガルから来たネズミ頭

会社への通勤経路の途中という好立地に、わりと大型のペットショップがあります。
チェーン店でありながら熱帯魚類のラインナップがマニアックなこともあり、定時退社の日にはよく立ち寄っては冷やかしておりました。
過去うちにいた熱帯魚たちの半分ほど、そして現在いる子ではひおくんとホワイトタイガープレコのマオがここの出身。
それからしぐれさんもそこで購入しました。

しぐれさんを購入してからというもの、なんとなく気になってお店に立ち寄るたびに鳥コーナーを覗きに行っておりました。
アキクサインコのローズがほしいな…コザクラインコもかわいいな…マメルリハもいい…と、入ってくる子を見ては迷い、気付けばいなくなり「いい人に飼われていたらいいな」と祈る日々。
しかし回転の早い小型インコとは違い、いつ行ってもいる所謂「売れ残り」の子たちがいました。
一般的な認知度も低いであろう、中型インコの三品種。友人が中型インコを飼っていることもあり、いつごろからかその三匹が気になるようになっていました。

いつもカゴの奥にいる臆病な子。おしゃべりだけど店員さん以外には噛み付こうとする子。

その子はカゴの前面でぼんやりしていることが多い子でした。
黒目がちでかわいいな、と思って指を見せると…黒目がギュッと絞られてものすごい点目になり。
初見では「やだ怖い」と思ったのを覚えています。
それが何度か見るうちに、なんとなく親近感が湧き。
いつも指を見せながら「チチチ」と舌を鳴らしていたところ、ある日「チチチ」と鳴き返してくれたことから、「あれ、好かれてる?」
と思い始め。

07_20170515061825ff8.jpg
ついにはうちの子になりました。
セネガルパロット、和名ではネズミガシラハネナガインコと言います。
つけた名前はじょーくんです。
どうです、この写真。怖いでしょう?

じょーくん、と呼んでいますが、正確には「浄薫」と漢字で書きます。
ずっと見ているうちに、なんだかこのねずみ色の頭がお坊さんの頭のように見えてきてしまったので。
とあるお坊さんがたくさん出てくる映画から「浄」の字を拝借して、語感からじょーくんと名付けました。
基本的にはじょーくんと書きます。

10_20170515061829834.jpg
興奮すると点目になるようで、普段はこうして可愛い顔もできます。
クルミをかじっては捨てているところです。せっかく買ったのに…!

じょーくん、お店から頂いた書類上では2015年の5月ごろからお店にいるようで、まるまる二年間お店のお世話になっていました。
なので店員さん大好き!な子に育っていまして、我が家に来て二週間ほどですが、未だ私の手を威嚇して噛み付いてきます…

08_20170515061826e4e.jpg
が、なぜか肩に乗るのは大好き。遊んでおいでーとカゴから出してやっても、いつも肩に乗りたがりそこでまったりしてばかりいます。
お家に帰ろうね、と促してもなかなか帰らないくらい…

09_20170515061828db2.jpg
頭にも登ってきました。
手からおやつを食べたりもしますし、嫌われてはいないようです。

ほとんど勢いで購入してしまったような形で、ちゃんとこの子のことを幸せにしてやれるか…という不安はありますが。
しぐれさん、エンゼルズやひおくんらの熱帯魚共々。寿命まで面倒見きってやりたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。