初病院

2月20日、いつものようにしぐれさんに「おはよう」をすると、顔まわりが汚れていました。カゴを覆っていたビニールカバーには吐き出したのであろう餌が点々と付いています。
しぐれさん、男の子だけあってよくおもちゃや表面がツルツルしたものに吐き戻しをしています。しかし吐き戻しは塊でデロっと出す吐き方。このような撒き散らして顔の周りが汚れている吐き方は、求愛ではない嘔吐です。
今までも時々吐き戻しではない嘔吐はあったのですが、いつも一度だけでその後はケロっとしているのが常でした。
この日も「前の日長々と遊ばせすぎて疲れたのかなー」と思いつつ、いつも通りお世話して出勤。
帰宅した時の様子はいつもと変わりありませんでした。

2月21日、この日もビニールカバーに吐き出したのであろう餌が飛び散っていました。
どうしようかな、いつもとちょっと様子が違うかもしれない…土曜日まで様子見て、病院連れて行こうか…と思いつつ餌をあげたところ。
食べることは食べるのですが、一生懸命食べたそばから嘔吐。

あ、これはだめだ。様子見したら手遅れになるやつだ。


というわけで、ちょうど良く(?)前日から体調不良で会社ではくしゃみ連発鼻水ダラッダラで「なんか喉痛い…」と漏らしていた私は「熱が出ちゃって…病院行ってきます」と言っておやすみを頂き、インコの病院に行ってきました。
嘘はついていません。熱が出たのも本当です。ただどこの病院に行くかを言っていなかっただけです。

飼い主はマスクにマフラーコートと不審者ルックの完全防備、しぐれさんはキャリーに入ってくれないのでカゴごと車にのせて、いざ出発。
田舎だけあって行ける範囲に鳥専門医がありませんので、ネットで調べてインコも見てくれるお医者さんを探して行ってきました。

病院では「手乗りじゃないと診察できない場合があります」と言われ、手乗り崩れで知らない人の手に乗ったことがないしぐれさんが心配だったのですが…
いざ診察となった際、「乗るかな?」とお医者さんが差し出した手に「えっなにこれ怖い」としぐれさんが硬直。
その僅かな間にお医者さんは「あっダメだね」と判断。ガッシと掴んで強制診察となりました。
お医者さん、判断早い&躊躇ない…!
その判断力の早さと躊躇ない掴みっぷりは見習いたいです。
ハラハラしながら見守っていると、ペンライトで羽毛をかき分けて何やら照らしてる…?
そんな診察の結果、そのうが腫れている様子は無いので胃が少し荒れていたのではないか、とのことでした。
胃の粘膜を保護するお薬と、栄養剤で一週間様子見てくださいねーとお薬を貰って終了。

あっさり終わって拍子抜けしつつも、酷い病気ではないみたいでほっと一安心ですε-(´∀`*)
突然知らない人に掴まれ、車で連れ回されて逆にストレスになったのでは…と思ったしぐれさんも、帰宅後はケロッとした様子でおしゃべりしていました。

02_201702240600070b9.jpg
もらったお薬は、飲み水に溶かすタイプと直接飲ませるタイプの二つでした。
こちらは飲み水に溶かすタイプなんですが…
個人的に、お医者さんでもらうこういう粉薬、お医者さんのところにある時点でこういうふうな個包装になっていると思っていたのですが。
03_20170224060008570.jpg
明らかにお薬挟まってますよね…?
薬の卸業者(?)で小分けした場合、こういうふうになっちゃったのは出荷しなさそうだから…お医者さん自身で小分けにして渡してくれてるってことなんですかね?
なんとなく一つ新たな事実を知れて得した気分です(*´∀`)

そんでもって頂いた領収書。
04_2017022406000982d.jpg
初診料とか人と一緒だなーとなんとなく眺めていたら、
05_2017022406001114c.jpg
ネクトンだ!
インコを飼おうと決めてから色々な人のブログやらなんやらを見て回る中で、「これいいよ!」と色んな所でオススメされている栄養剤、ネクトンだ!
お医者さんで処方される、ということはほんとに信頼されてる栄養剤なんだなー…
個人的に、熱帯魚界におけるバイタルみたいな感じなんだなー、と感慨にふけってました。

もらったお薬をてんやわんやになったりしつつ飲ませたところ、それから嘔吐は無く、しぐれさんは元気です。
06_20170224060027205.jpg
こうしていつも通りカキカキおねだりしにきたりもしています。
一度見てもらえる場所がわかったので、これからも具合が悪くなった時に躊躇せず連れていけそうです(`・ω・´)
07_2017022406002837d.jpg
元気で長生きしてね。

08_201702240600297b9.jpg
悶絶!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大事がなくてよかったです(´ω`)
病院には行ったので確かに嘘ではないですね(・∀・)

粉薬はほとんどが病院側の分包機でガッションガッションパックされます。
水薬もおんなじ感じですね。
有効成分はわずかなので、デンプンやショ糖で自動的にかさ増しされます。

さかなのえさをあれで分包できればな~なんて思ったり(´ω`)

>>hirotakautopie

嘘はついてないですw
そういえばhirotakautopieさん本職でしたね…!お仕事本当にお疲れ様です&ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
分包機、たしかに魚の餌を一回分ずつパックできたら乾燥やら劣化やら防げてよさそうですね…アマゾンとかで売ってないですかねw
…私の場合途中で無精してやらなくなっちゃいそうですがw

本当に大したことなくてよかったです(*´∀`)アリガトウゴザイマス