手乗らないインコの近況

IMG_4905.jpg
くちばしに綿毛がついてます。
我が家に来てから一ヶ月と半分くらいが過ぎたでしょうか。しぐれさんとの関係はまあまあ良好、という感じです。
毎日の世話をするのは私なのですが、先日二泊三日で家をあけた際、母(インコ大好き)に世話を頼んでいました。
帰ってきて聞いたところによると、「私(母)が行くと体細くして怖がってた」とのことです
母はしょんぼりしてましたが、私個人としてはちょっとだけ優越感を感じていましたw

IMG_4925.jpg
「手乗らないインコ」と呼んでいますが、ここ数週間ほどで手に乗るようになってきました。
とはいっても、しぐれさんの気が向いた時だけ。特に散歩から帰りたい気分の時に便利なタクシー代わりに使われているような感じですw
インコのしつけなんかについて読むと、こういう時には好物をあげてほめてあげるのがいい…とあるのですが、実はしぐれさんの好きなものがよくわかりません。
ごはんは満遍なくたべますし、豆苗が好きなようですが飛びついて食べるほどでもなく…
一応粟玉を指先に乗せて差し出したところ、ついばんではいましたが。しつこく何度もやると三度目で吐き出されますw
まあ、好き嫌いが無いことはいいことなんでしょうが…もう少し好みを教えてほしいものです。
スポンサーサイト

生きとったんかワレ

新しいパソコンを購入しました。こばやしです。
ノートパソコンをメインで使うのは初めてなので、なれるまで時間かかりそうですが地味に使っていこうと思います。
しかしNumLockとバックスペースの位置が近くてよく押し間違えます。外付けのキーボードにしようかしら。

閑話休題。

60規格水槽にやたらと鼻先が赤いミナミが居ました。こういう子を集めて掛けあわせていくと、新品種になったりするのでしょうか。
主のいなくなった60規格には、現在ブラックネオン×3、ネオン×1、レッドテトラ×5、アカヒレ×2、そしてホワイトタイガープレコのマオが入居しています。
小型っ子の雑居と化している60規格です。というのも、梅彦さんが亡くなってから30キューブに引っ越した仁尾くんが突然死し、それ以後藍藻の海と化していた30キューブを畳んだが故にです。
三匹いたベタが、ここふた月ほどでみんな居なくなってしまいました。新しい子を…という気持ちはありますが、今は時期があまりよくないなぁという思いもあり。
綺麗にした空の水槽は、大事にとっておいてます。

IMG_4913.jpg
これはこれで、こちゃこちゃしててかわいいかな。とも思っています。
クリプトコリネウェンティトロピカの一大勢力になってます。かろうじて流木に活着しているアヌビアス・ナナがひっそりと生き残っていますが、他に植えた水草はみんな消えてしまいました。
と、思っていたのですが。
IMG_4915.jpg
ここで今日のブログタイトルになります。
溶けて消えてしまったと思っていたラビットイヤーロータス、気がつけば葉を出していました。
い、いったいどこに潜伏していたのか…二枚の淡い色の葉が懸命に光合成してます。
60規格、管理を楽にするために底を砂にしてレイアウトを大幅に変更しようと思っていたのですが…やっとの思いで葉を出した(のであろう)ロータスに負担をかけるのも忍びないので、もうしばらくはこのままでおいておきます。

この水槽にいつかベタを迎えたいなぁ。と、こっそりと思いつつ。

富士花鳥園に行ってきました

お盆休みになりまして、どこか遠くへ行きたいな~という衝動のままに友人宅へ行ってまいりました。
基本出不精な私と友人で、気分が乗らなければどこにも行かず家の中でダラダラするだけもザラです。が、珍しくお出かけしてきました。


富士花鳥園です!
インコ飼いになった私と友人にはぴったりの場所です。山の上の方にあって、この季節ですが涼しかったです。むしろちょっと肌寒い感じもしましたw

園内には色とりどりの花
20160814-02.jpg
そしてフクロウが!

20160814-03.jpg
富士花鳥園はフクロウに力を入れている園のようで、園内でフクロウの繁殖もされているようです。
みんな人馴れしていますよ~と係のお姉さんが教えてくれました
20160814-04.jpg
みんなデカイ…
見ていると小さい声でジャージャー鳴いています。怒ってるようにも聞こえるのですが、お姉さんいわく「甘え鳴きです。生まれた時から人と接しているので、甘えるとごはんがもらえるのでお客さんにも甘えているんですよ」らしいです

20160814-05.jpg
このフクロウはどうやらショーに出ていたらしく、お姉さんが腕に乗せて帰ってくるところに出くわしました。
大きい…かわいい…と言っていたら「こんなこともできますよ~」とお姉さんがフクロウの背中に顔をモフモフーと埋めてました
私と友人「いいなぁ!!!」と黄色い悲鳴。あの大きさの鳥の背中に顔を埋めるなんて、やりたくてもできないのに!やったら確実に顔を噛まれますw
バードショーの時にフクロウ担当のお兄さんが「餌の切れ目が縁の切れ目です。信頼関係なんてありませんよ」と言っていましたが、餌だけではない信頼がないとあんなことできないですよね…
うらやましい…

20160814-06.jpg

20160814-07.jpg
フクロウの他にもカラフルヤクザことルリコンゴウインコや
20160814-08.jpg
ヨウム!
20160814-09.jpg
オオバタンもいました
この子はとても懐っこく、ずっとこの位置でカキカキ要求していました(*´∀`*)
この大きさの鳥にはなかなか触れる機会がありませんので、ここぞとばかりにカキカキ!
20160814-10.jpg
結果指が粉まみれになりましたが、それもご愛嬌w

20160814-11.jpg
「ろうくん」で有名なタイハクオウムはペアで飼われていました。これは男の子の方ですね
なぜかこの位置でずっとケージをハミハミしていました

20160814-12.jpg
ふれあいコーナーにいたのはメキシコインコたちです
あざやかな羽が綺麗(*´Д`)
20160814-13.jpg
この子たちはふれあい用の餌を持っていないと「チッ しけてんなぁ」という顔で寄り付きもしませんが、餌の入っているカップを持っていると即群がってくる現金な子たちでしたw
くちばしいっぱいにリンゴを詰め込んで食べている顔はとてもかわいかったです
でもカキカキはさせてくれませんでした(´・ω・`)

20160814-17.jpg
なぜか居たパロットファイヤー。大中小と3つの水槽があり、1匹ずつ飼われていました
な、なぜだ…花鳥園なのに…

そんな富士花鳥園で一番印象に残ったのは、
20160814-14.jpg
真っ黒な身体にちょこんと乗った鮮やかな黄色
20160814-15.jpg
カキカキしてーと言うお腹に綺麗な碧

20160814-16.jpg
穏やかな顔のムラクモインコです。
いやーかわいかった…控えめにケージの端に寄り、鳴きもせずに態度で「カキカキして」アピール…でも微妙にケージから離れているからカキカキし辛いw
でもカキカキするとうっとり…
色柄、性格ともにめちゃくちゃに好みの子でした(*´Д`)ハァハァ
正直このまま連れて帰ってしまいたいくらい惚れてしまいましたw
この子だけかと思いましたが、調べてみたところムラクモインコ全般が物静か、でも甘えたがりな性格のようです
大きさも中型で今すぐショップに駆け込みたい衝動に駆られましたが、日本国内では流通がものすごく少なく、ちょっと手を出すのが怖いお値段でした…
国内ブリーダーさんが増えてくれることを祈っています(´;ω;`)ウッ

そんなこんなで3日ほど友人宅をエンジョイしてきました。
友人イチオシの映画も堪能してきましたし、浅樹さんとも触れ合わせてもらって楽しい3日間でした(*´∀`)空のんありがとう
今度はぜひ我が家へ招待して、県内唯一の水族館にでも行きたいなーと思っています
それまでには手乗らないインコを手乗りインコに進化させたいですね…!

追記:
そういえば
20160814-18.jpg
浅樹さん、ほんとうにこの寝方してました。
ね、寝づらくないのかな…(;´∀`)

インコの種類とは

ベタにはノーマルなベールテールからスペードテール、クラウンテールにハーフムーンダブルテール…
そこに色が加わり、鱗の煌めきによるドラゴンやカッパー、ホワイトバンドが入ることによるバタフライ、胸鰭のダンボ…
と、正直未だに覚えきれないほどの呼び方がありますよね

しぐれさんはお店では「セキセイインコ」とだけ書かれていまして、インコには特にそういう分類ってないのかなーと思っていました。
が、色々と見てみたらインコにもなにやら色々と分類があるようで。

20160807-01.jpg

しぐれさんはこのグレーとブルーの混ざったような不思議な色に惚れて迎えましたが、どうやらノーマル?なグレーではなくスパングル?という模様の名前っぽいです。
20160807-02.jpg
羽一枚一枚にバタフライバンドみたいな白いラインが入るのがスパングルというらしく。しぐれさんにもそんな感じの模様が入ってます
が、スパングルの参考画像で見た羽には、しぐれさんのような黒模様の残り?ぽいものは無いような
それからノーマルなセキセイにはある頭の縞模様、しぐれさんは薄くなっているのでオパーリンでもあるっぽい?

しぐれさんを気取った名前で呼ぶのなら、オパーリンスパングルグレーとでも言うのでしょうか。
20160807-03.jpg
…どんな名前で呼ぼうとも、しぐれさんはしぐれさんですね。